【中編】ライト層にこそ、ソーシャルメディア活用が適している。レピュコム・ジャパン代表取締役・秦英之

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

andy2_2

秦 例えばUKのクラブであるマンチェスターの試合が、インドネシアで放送されますと。インドネシアに、SAWAちゃんという子がいるとします。

――はい(笑)(編集部注:インタビュアーは編集長澤山が行なった)

秦 テレビだけだと、すごく距離を感じるわけですよね。でもソーシャルメディアで、例えばシュバインシュタイガーが移籍加入をしましたとなると、彼らは瞬時に「シュバインシュタイガーのユニフォームが当たりますよ!」というキャンペーンを開くわけです。インドネシアのSAWAちゃんにも、試合のみならず練習、試合前日や前々日の練習の様子が届く。そして、興味がある人たちがどんどん拡散していく。触れ合っている頻度が高まることで、スポンサーメッセージも発信しやすくなるわけです。都度いろんな形で訴求頻度が高まる、タッチポイントが増えるというのがソーシャルメディアの利点です。

例えばプレミアリーグのFacebookページのいいね!数はトップ3カ国がインドネシア、タイ、インドなんです。本国UKは4位なんですよ。

――UKが4位なんですね! 人口的にはそうなるんですねえ。

秦 相乗効果があるんですよね。テレビで放映するだけではなく、それを見てほしいという促進にもつながるし、口コミが広がってお互いがWinWinになる。海外はとにかく「プラットフォームなんだからなんでも利用しちゃえよ」という話なんです。「14億人近くのプラットフォームがあるなら、徹底して利用しようじゃないか」と。母数さえ取ってしまえば、世界中にリーチが広がる。こういう考え方ですよね。

――その事例で思い出したんですけど、2014年にセレッソ大阪がウルグアイの英雄ディエゴ・フォルラン選手を獲得しました。結果として昨年はJ2に降格することになったため、戦力補強としては失敗だといえます。しかしながら副次的な要素として、FBページのいいね!数が爆発的に増えました。2015年11月23日時点で、58万いいね!以上を獲得。この数字は、今後に生きる部分だと思います。

秦 まさにそこです。今までなかったアクセスの領域が、グローバル規模でコンテンツが出まわるのがソーシャルメディアの強みなわけです。Twitterはその瞬時性を伝えるんですけど、facebookはそのコンテンツの流動化に繋がる要素を、多言語化だったりプラットフォームとして持っている。実はライト層に対して攻めるのであれば、ソーシャルメディアはすごく適しているんです。

――仰るとおりですよね。Jリーグに関しては今、地上波で放映される機会は少ないわけで。ソーシャルメディアってもちろん可能性があると思いつつも、日本語圏ではどちらかと言うとコア層向きなツールなのではないかという思い込みがありました。テレビでの露出のほうが、ライト層への訴求力は、日本においてはまだ高いのではないかと。

秦 あくまで、「うまく使えば」の話であることを強調させてください。うまく使えば、人が知るきっかけの一つになりうる。ひとひねりしないといけません。だけどうまくひねれば、すごく拡散する。日本のサッカーを見たことのない人たちにも、どんどんつながっていく。フォルランが来たことによって、世界のファンも付いてきた。それによってセレッソ大阪を知り、“こんなサッカーがあるんだ”ということに繋がる。既存の枠組みを打ち破ってくれるのが、ソーシャルメディアというプラットフォームなんです。

1 2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

IMG_3893

【後編】なぜ、スポンサーシップは「コストセンター」とみなされてしまうのか? レピュコム・ジャパン代表取締役・秦英之

2015.11.30

>>【前編】いいね! 数≠露出価値。スポンサー価値を可視化する自動認証技術とは? レピュコム・ジャパン代表取締役・秦英之 >>【中編】ライト層にこそ、...

IMG_4512

「2016年問題」は始まりにすぎない。払底するハードの整備に打開策はあるか? レジー @regista13 の「スポーツサイトで音楽の話をしよう」

2016.02.01

枯渇するスタジアム問題に打開策はあるか? (写真と本文は関係ありません 撮影:澤山大輔) ■音楽マーケットから見る新国立競技場問題 2016年は初...

Cognizant Technology Solutions

「青山敏弘が12.9km走った」は有用なデータか? だから何、と言われないためのデータ活用術。#sanfrecce #jleague

2015.12.10

photo:Cognizant Technology Solutions スポーツにおけるデータ分析が、花さかりだ。しかし、そのうち現場レベルで本当に「使...

2-2

「チャンピオンシップ導入、ぶっちゃけ既存顧客は眼中にない」 村上アシシ( @4JPN)のお前にアシシスト!【後編】

2015.12.08

>>【前編】「Jリーグの動員増は、2ステージ制反対派の敗北を意味する」村上アシシ( @4JPN)のお前にアシシスト!>> アシシ 後編に入る前に、...

uchino1

全会場フリーWi-fi完備!“インスタの聖地”となった米MLBのソーシャル戦略(内野宗治)

2015.12.25

■"Instagramの聖地"と化すMLB 米国MLB(メジャーリーグ)では昨今、スマートフォンやソーシャルメディアの普及に伴い、ファンの観戦スタイルが大...

12314777_10153699724307674_1916287650_o

「Jリーグの動員増は、2ステージ制反対派の敗北を意味する」村上アシシ( @4JPN)のお前にアシシスト!【前編】

2015.12.07

世界最大のコンサルティングファームを退職後、“世界一蹴の旅”と称し2010W杯出場32カ国をすべて踏破。テレ東系『フットブレイン』などのテレビ番組出演を...

Ibrahim-Asads-PHotography-e1449547150787

エンタメが企業と組むのは不純なのか? 特筆すべきレッドブルの試み。レジー @regista13 の「スポーツサイトで音楽の話をしよう」

2015.12.08

Photo:Ibrahim Asad's PHotography 「スポーツマーケティングナレッジ」をご覧の皆さま、お初にお目にかかります。音楽ブログ「レジー...

andy1

【前編】いいね! 数≠露出価値。スポンサー価値を可視化する自動認証技術とは? レピュコム・ジャパン代表取締役・秦英之

2015.11.19

>>【中編】ライト層にこそ、ソーシャルメディア活用が適している。レピュコム・ジャパン代表取締役・秦英之 >>【後編】なぜ、スポンサーシップは「コストセ...