「Jリーグの動員増は、2ステージ制反対派の敗北を意味する」村上アシシ( @4JPN)のお前にアシシスト!【前編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12314777_10153699724307674_1916287650_o

世界最大のコンサルティングファームを退職後、“世界一蹴の旅”と称し2010W杯出場32カ国をすべて踏破。テレ東系『フットブレイン』などのテレビ番組出演を始め、男女W杯の現地からのラジオ出演や、最近ではコンサドーレ札幌関連の露出も。野々村芳和・同クラブ社長に呼び出されて対談したり、北海道ローカルの地上波副音声で解説したり、コンサドーレのラジオ特番に電話出演するなど、その活躍ぶりは多岐にわたる。

特にサッカー界のネット界隈で名をはせる村上アシシ氏(HP)。サッカー日本代表のガチサポーターでありながら、経営コンサルタントとして独立。顧客・経営双方の深い視点を併せ持つ人材として、いまも精力的に活動を続けておられます。そんな彼にスポーツマーケティングナレッジとして伺う話は、Jリーグの経営面においてほかないでしょう。

日本代表サポーターから出発し、かつては「ほとんど興味なかった」というコンサドーレ札幌に今では年間20試合をスタジアム観戦するほどガチンコのJリーグサポーターになったアシシ氏。今回のインタビューでは、Jリーグがなぜ2ステージ制+チャンピオンシップという制度変更をしたか、改めて噛み砕いていただいています。前後編、非常に刺激的な内容となっていますのでぜひともご覧ください。(収録:2015年11月30日 聞き手:澤山大輔[スポーツマーケティングナレッジ編集長])

■札幌サポーターになった背景

アシシ 改めて自己紹介すると、僕はもともとアクセンチュアという会社に新卒で入社しました。その会社を2006年にW杯現地観戦のために退社。その後独立をして約10年間、半年コンサルをして、半年は旅をしてサッカー日本代表を追いかける生活をやっています。2010年には、南アフリカW杯出場32カ国を回る“世界一蹴の旅”をして、著書も出しました。あのあたりからメディアに露出するようになりましたね。

その後は代表を追いかけつつ、Jリーグに回帰しました。実はその頃、Jリーグのサポーターから「あいつはどのクラブも応援してない、なんだあのニワカは」とネット上でボコボコに叩かれてました。まあそれで、僕もいろいろ考え、世界一周している最中に宣言し、グローバルを知った上でローカルへ回帰するという流れでコンサドーレ札幌を応援し始めたんですよ。

で、まあ自分でいうのもおかしいんだけど、かつてはウルトラス・ニッポン代表の植田朝日さんがサポーター代表として認知されていたけど、ある段階からメディア露出をあまりしなくなった。それと入れ替わる感じで僕がメディアに出るようになったり、ツイッター界で認知度が高くなったりして(編集部注:アシシさんのフォロワー数は現在約31,700人)、「アシシは植田朝日の後釜」みたいに言われたりすることがちょいちょいありました。

でも僕は植田朝日さんを目指しているわけではないし、僕はサポーター団体に属さない人間だし、立ち位置が全然違う。だけどまあ、そうやって言われるのは悪い気はしませんが、……こういう話を書くと、炎上するから止めましょうか。

――いや、事実だからいいんじゃないですか(笑)。「炎上するから止めましょう」まで書いてしまいましょう。

アシシ えー、そういうのはちょっと(笑)。まあ原稿チェックさせてください。

■代表からどうやってJリーグに“下ろす”か?

――ところで、コンサドーレ札幌のサポーターになった話なんですけど

アシシ そうそう、かつては日本代表しか応援していなくて、Jリーグには全く興味のなかった人間がある種“下りて”きて地元クラブを応援する、これは一つのサンプルとして面白いと思うんです。

――それはネット上の反発に、ある意味対抗して始めたようなイメージですか?

アシシ いやいや、そんなネガティブな理由だけじゃないですよ! もっとポジティブなきっかけもあって。というのは、世界各国に行くとヨーロッパでも南米でもサッカー大好きな人と仲良くなるわけですよ。そうしたら必ず聞かれるの、「お前はどこのクラブを応援してるんだ?」って。その質問に「代表以外は特に」って答えるのに非常に引け目を感じて。代表チームだけが好きってのは世界的にはかなりマイナーなんですよ。どこかのクラブを応援するのが、スタンダードというか。

日本ってそうじゃなくて、Jリーグより日本代表のほうがはるかに人気がある逆転現象が起きていて、そこに世界とのギャップを感じて。「よっしゃ、じゃあ僕も生まれ故郷のコンサドーレ札幌を応援しよう」と。引け目を感じてた部分が、ある種開花してこうなったという感じですね。

――なるほど

アシシ Jリーグの命題として、いかに日本代表に興味を持ったライト層をJリーグに下ろすかというものがあります。2010年南アフリカW杯で、キャプテンの長谷部誠選手がパラグアイ戦のPK戦に敗れた直後に悔しさを押し殺しながら「皆さんJリーグも見に来てください」とモニター越しに訴えたんです。すごくインパクトのあるコメントだったと思うんですけど、あれが実際できてるかというとできていない。

パラグアイ戦は57.3%と歴代6位の視聴率を取って、まあ日本人の半分以上が見た計算なわけです。けど、チームの半分が国内組であるにも関わらずJリーグの新規顧客は増えなかった。これは大きな課題で、そこをどう解決するかJリーグも5年間いろいろ考えてきたはずなんですけどうまく行ってない。

で、ここにサンプルがいるわけです。もともと代表厨だったのが、今や年間20試合コンサドーレ札幌の試合を見に行く生のサンプルが。もちろん僕は主流ではなく例外系の人間ですけど、サンプルとしては使えるはずなんです。僕も当事者として「代表しか見ない人をどうJリーグに下ろすか」は日々考えてます。

――例外としては東アジアカップですね、国内組だけで構成された。今年はそもそも成績が奮わなかったので無理でしたが、2013年大会は柿谷曜一朗が得点王、大会MVPを山口蛍が取って、“セレ女”ブームを加速させた。

アシシ 今年は全然ダメだったけど、去年の武藤嘉紀にしてもアギーレ元監督が抜擢して、親善試合でゴールを決めたことで彼目当ての客がFC東京に増えた。Jリーグから日本代表のスター選手が出てきて、かつイケメンならなお良い。そういう選手がどんどん輩出されればいいし、そういう意味で次のリオ五輪予選は絶対勝ち抜かなきゃいけない。失敗しちゃうと、すっごくネガティブな報道がされることになる。

――そうですね。リオ五輪代表、見通しとしてはかなり厳しいですが……

アシシ 僕も相当厳しいと思う。今回の予選は前回までのホーム&アウェイじゃなく、セントラル開催での一発勝負だから、メンタル弱いこの世代だと尚更苦しい。僕は来年夏のリオ五輪に現地参戦する予定だから、何とか勝ち上がってほしいんだけど。

1 2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Cognizant Technology Solutions

「青山敏弘が12.9km走った」は有用なデータか? だから何、と言われないためのデータ活用術。#sanfrecce #jleague

2015.12.10

photo:Cognizant Technology Solutions スポーツにおけるデータ分析が、花さかりだ。しかし、そのうち現場レベルで本当に「使...

uchino1

全会場フリーWi-fi完備!“インスタの聖地”となった米MLBのソーシャル戦略(内野宗治)

2015.12.25

■"Instagramの聖地"と化すMLB 米国MLB(メジャーリーグ)では昨今、スマートフォンやソーシャルメディアの普及に伴い、ファンの観戦スタイルが大...

2-2

「チャンピオンシップ導入、ぶっちゃけ既存顧客は眼中にない」 村上アシシ( @4JPN)のお前にアシシスト!【後編】

2015.12.08

>>【前編】「Jリーグの動員増は、2ステージ制反対派の敗北を意味する」村上アシシ( @4JPN)のお前にアシシスト!>> アシシ 後編に入る前に、...

IMG_4512

「2016年問題」は始まりにすぎない。払底するハードの整備に打開策はあるか? レジー @regista13 の「スポーツサイトで音楽の話をしよう」

2016.02.01

枯渇するスタジアム問題に打開策はあるか? (写真と本文は関係ありません 撮影:澤山大輔) ■音楽マーケットから見る新国立競技場問題 2016年は初...

Ibrahim-Asads-PHotography-e1449547150787

エンタメが企業と組むのは不純なのか? 特筆すべきレッドブルの試み。レジー @regista13 の「スポーツサイトで音楽の話をしよう」

2015.12.08

Photo:Ibrahim Asad's PHotography 「スポーツマーケティングナレッジ」をご覧の皆さま、お初にお目にかかります。音楽ブログ「レジー...

andy2_1

【中編】ライト層にこそ、ソーシャルメディア活用が適している。レピュコム・ジャパン代表取締役・秦英之

2015.11.25

>>【前編】いいね! 数≠露出価値。スポンサー価値を可視化する自動認証技術とは? レピュコム・ジャパン代表取締役・秦英之 >>【後編】なぜ、スポンサー...

IMG_3893

【後編】なぜ、スポンサーシップは「コストセンター」とみなされてしまうのか? レピュコム・ジャパン代表取締役・秦英之

2015.11.30

>>【前編】いいね! 数≠露出価値。スポンサー価値を可視化する自動認証技術とは? レピュコム・ジャパン代表取締役・秦英之 >>【中編】ライト層にこそ、...

andy1

【前編】いいね! 数≠露出価値。スポンサー価値を可視化する自動認証技術とは? レピュコム・ジャパン代表取締役・秦英之

2015.11.19

>>【中編】ライト層にこそ、ソーシャルメディア活用が適している。レピュコム・ジャパン代表取締役・秦英之 >>【後編】なぜ、スポンサーシップは「コストセ...