【前編】“こやのん”が語るクラブ経営の難しさとやりがい。 小谷野薫(サンフレッチェ広島前社長)#sanfrecce

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

koyano1

 

今年4月に行なわれた広島市長選に、J1・サンフレッチェ広島の社長という立場を結果的にせよ捨てて出馬した小谷野薫氏(現・株式会社エディオン取締役/経営企画本部・副本部長)。 自身をモチーフにしたコミカルな“こやのん”グッズの展開が大きな注目を集めましたが、それ以上に極めて合理的でありつつ、勝負するところでは躊躇なく勝負に行く経営姿勢で、多くのサポーターから愛された社長でした。

現在は株式会社エディオンに戻り、様々なスポーツに関わる事業を担当されている小谷野さん。2年間の社長時代について振り返っていただく中で、多岐にわたって示唆に富んだお話を伺うことができました。それでは、早速御覧ください。

(※本記事は、アスリートナレッジにて2015年08月に掲載された記事を再編集したものです[内容に変更はございません]。対談収録日:2015年07月24日 聞き手:澤山大輔、横原義人)

―――小谷野さんについては、広島市長選後に何をしておられるのか知らないサッカーファンもいると思います。サンフレッチェ広島のサポーターとしては、突然に社長をお辞めになって選挙に出たという形だったと思いますから。改めて、今はエディオン様に戻ってどういったお仕事をされておられるか、伺えますでしょうか。

小谷野薫(以下、小谷野) 私が現在所属する経営企画本部はエディオングループの経営戦略や成長戦略を考えるのが一番大きなミッションです。その他にも会社の中期経営計画を作るとか、投資家や株式アナリストへの対応をするとか、いろいろな機能を担っています。エディオングループはいまは店舗が1,000店以上あり、パートも含めた従業員は2万人、カード会員は家電量販店ではじめて1,000万人を超える非常に大きいグループなので、いろいろな部門やグループ会社とコーディネーションをしながら、事業をサポートしていく役割を持っています。

そうした中で、経営企画本部は会社のプロモーションや広報を担当する部署とも一緒に、スポーツに関するスポンサー活動にも関与しています。ご承知のとおりエディオンはサッカーだけでなく、野球をはじめいろんなスポーツの協賛をしています。女子陸上競技部もアーチェリー部もありますし、様々な形で日本のスポーツを支援しています。

――こういったお仕事は、サンフレッチェに入られる前の仕事とは地続きのものなのですか?

小谷野 そうですね。サンフレッチェの社長になる前は顧問をしていましたが、今の肩書は取締役です。基本的には経営面のアドバイスも含めて事業活動をサポートしていくという立場という意味では同じです。今回は当事者として責任を負うポジションなので緊張感は格段に重いですが、3年ぶりにエディオンの経営戦略に関われることを嬉しくも感じます。

―――そんな新しいスタートを切られたタイミングで恐縮なのですが、今回はある程度過去にフォーカスを当てるインタビューとなります。改めて在職2年を振り返って頂けますでしょうか。

小谷野 サンフレッチェが優勝したあとに社長を引き継ぎましたが、2013年にはリーグ連覇、2014年は残念ながら三大タイトルには及びませんでしたがゼロックス・スーパーカップを連覇し、天皇杯とナビスコではファイナリストになりました。2年目は本当に過酷な日程の中でACLも決勝トーナメントに進出し、チームの成績という意味ではいろんな歴史を刻めた、やりがいのある充実した2年間だったと思っています。

――久保允誉会長から本谷祐一前社長を経て就任されたわけですが、本谷さんが5年間で財務を建て直された、いわばブレーキを掛けながら経営を再建された方だとしたら、小谷野さんはイメージとしてはアクセルを踏みしめてチームに勢いを付けた印象があります。

小谷野 しっかり経費のコントロールをしなくてはならない一方で、サッカーは競技団体でありエンターテイメント事業でもあるので、とにかく事業が縮小均衡に陥らないようにしようと、いつも考えていました。

――切り詰めるだけではなく、と。

小谷野 これは社長就任時にオフィシャル誌の『紫熊倶楽部』などでもお話した所ですが、私が過去いろいろな企業のアドバイスをしてきたなかで、エンターテイメント産業やサービス産業の企業においては、業績が苦しいときに過度に収益性にこだわるがために悪循環にはまってしまい、ますます会社としてのブランド価値や顧客基盤を失う事例が非常に多かったのです。

その辺りは、収益が厳しい中でも広告宣伝費は落とさずにいこうというように、そのあたりは相当に気を使っていました。「無駄なお金は使うな」とはもちろん言いましたが、必要以上にお金を切り詰めた結果「サンフレッチェは今何をやっているの?」「サンフレッチェはいつ試合をしているの?」といったように、広島の街のなかで印象度が下がらないように注意してきたつもりです。

1 2 3 4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

master

【後編】MLS・20年目の結実、その理由に迫る/中村武彦(MLSアジア戦略コンサルタント)

2015.11.14

  ――アメリカでは、選手のセカンドキャリアという言葉が存在しないんですね? 中村 存在しないとは言いませんが、そこまで大きく取り...

2176878416_7334be3357_o.00_00_00_01.Still026

【前編】 MLS・20年目の結実、その理由に迫る/中村武彦(MLSアジア戦略コンサルタント)

2015.11.12

発足20年目を迎えたアメリカのメジャーリーグサッカー(Major League Soccer、以下MLS)が活況だ。1996年に10クラブで発足したML...

koyano4

【後編】“こやのん”が語るクラブ経営の難しさとやりがい。小谷野薫(サンフレッチェ広島前社長)#sanfrecce

2015.11.14

――クラブマネジメント全般について伺いますが、やはり地方クラブには特有のやりがいや難しさがあったと思います。具体的には、どのような部分でしょうか。 ...

IMG_6967

東京五輪へ日本人選手を! 日本企業がマケドニアのチームを買収したワケ #daihyo #jleague #gamba  

2015.12.08

8日、東京都内にて興味深い記者会見が行なわれた。エムコンサルティンググループ株式会社(東京都港区)による、マケドニア1部リーグ・FKラボトニツキの買収お...

COUPE DU MONDE DE RUGBY 2011   NOUVELLE ZELANDE ARGENTINE

エディー・ジョーンズは、いかなる観念的な議論にも与しない。書評:『ラグビー日本代表ヘッドコーチ エディー・ジョーンズとの対話』 @500zoo

2015.12.01

気鋭の分析家・五百蔵容(いほろい・ただし)さんによる、スポーツ書籍・雑誌の書評コーナー。第一回となる今回は、ラグビー日本代表ヘッドコーチ エディー・ジョーン...