東京五輪へ日本人選手を! 日本企業がマケドニアのチームを買収したワケ #daihyo #jleague #gamba  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_6967

8日、東京都内にて興味深い記者会見が行なわれた。エムコンサルティンググループ株式会社(東京都港区)による、マケドニア1部リーグ・FKラボトニツキの買収および経営参画の記者発表だ。

登壇したのは、同社社長であり現地法人ARC Doo代表でもある立川光昭氏(写真中央)、元ガンバ大阪でのプレー経験を持つボバン・バブンスキー氏(同左、現地法人取締役)、そして株式会社WASE代表取締役である池田俊輔氏(同右、現地法人取締役)。今季は現地の体制を維持しつつリーグ戦3位、国内カップ戦優勝、組織整備、マーケティング強化といった短期目標を設定。来期以降、本格的に経営に乗り出し、2020年までにリーグ優勝、国内カップ優勝、CL本戦出場、そして東京五輪への日本代表選手輩出という長期目標を立てている。

IMG_6858

立川氏は、外資系商社を経て起業。2008年、当時31歳で福島県にJリーグを目指すクラブ『バリエンテ郡山』を設立。ジョージ・ウェア(95年バロンドール受賞)を総監督として招へいし、全国メディアにて400回以上取り上げられるなど“リアルさかつく”と呼ばれ話題をさらった。しかし同年8月、チーム関係者が起こした不祥事の責任を取って辞任した経験を持つ(現在、同クラブは『シャンオーレ郡山FC』と名前を変え活動中)。

この経営参画について、立川氏は“解決したい問題”としてチャンピオンズリーグでプレーする日本人選手の減少を挙げる。というのも、CLでプレーする日本人選手の数は最盛期である13-14シーズンに4人がプレー(内田篤人、本田圭佑、香川真司、宮市亮)したものの、今季は0人に減少。これは2005-06シーズン以来10年ぶりのことだ。

1 2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

master

【後編】新国立競技場“騒動”の虚と実 千田善( @ZenChida 元オシム通訳)×またろ(@mataroviola 一級建築士)

2015.11.10

(※本記事は、アスリートナレッジにて2015年07月に掲載された記事を再編集したものです。対談収録日:2015年07月23日 聞き手:澤山大輔) ...

master

【前編】新国立競技場騒動の虚と実 千田善( @ZenChida)×またろ( @mataroviola )

2015.11.09

(※本記事は、アスリートナレッジにて2015年07月に掲載された記事を再編集したものです。対談収録日:2015年07月23日 聞き手:澤山大輔) ...

master (1)

不在だけが存在した、虚しい結末。新国立競技場・検証報告書を読んで。片山惠仁 ( @YOSHIMASAKATAYA)

2015.10.15

2015年9月24日に公開された『国立競技場整備計画・経緯検証員会検証報告書』について、本件を追い続けている建築家の1人であり弊媒体でもおなじみ、片山惠...

2176878416_7334be3357_o.00_00_00_01.Still026

【前編】 MLS・20年目の結実、その理由に迫る/中村武彦(MLSアジア戦略コンサルタント)

2015.11.12

発足20年目を迎えたアメリカのメジャーリーグサッカー(Major League Soccer、以下MLS)が活況だ。1996年に10クラブで発足したML...

IMG_7126

リーベルサポは悪者、でいいのか? 未熟過ぎる受け入れ体制に目を向けよ(舩木渉)

2015.12.24

スポーツマーケティングナレッジ編集部・澤山です。今回は予定を変更し、クラブワールドカップ2015において大きな話題を生んだリーベルプレートのサポーターに...

master (2)

他人に強いることを、自分には一切適用しない人々。五輪エンブレム取り下げプロセスに見る、民主主義の危機 text by 未発育都市( @mihatsuikutoshi)

2015.10.15

アスリートナレッジ編集部です。今回は、五輪エンブレムの取り下げ自体の是非ではなく、そのプロセスに観る危機的な状況について、『未発育都市』・ノエル氏に寄稿を依...

koyano4

【後編】“こやのん”が語るクラブ経営の難しさとやりがい。小谷野薫(サンフレッチェ広島前社長)#sanfrecce

2015.11.14

――クラブマネジメント全般について伺いますが、やはり地方クラブには特有のやりがいや難しさがあったと思います。具体的には、どのような部分でしょうか。 ...

COUPE DU MONDE DE RUGBY 2011   NOUVELLE ZELANDE ARGENTINE

エディー・ジョーンズは、いかなる観念的な議論にも与しない。書評:『ラグビー日本代表ヘッドコーチ エディー・ジョーンズとの対話』 @500zoo

2015.12.01

気鋭の分析家・五百蔵容(いほろい・ただし)さんによる、スポーツ書籍・雑誌の書評コーナー。第一回となる今回は、ラグビー日本代表ヘッドコーチ エディー・ジョーン...

koyano1

【前編】“こやのん”が語るクラブ経営の難しさとやりがい。 小谷野薫(サンフレッチェ広島前社長)#sanfrecce

2015.11.14

  今年4月に行なわれた広島市長選に、J1・サンフレッチェ広島の社長という立場を結果的にせよ捨てて出馬した小谷野薫氏(現・株式会社エディ...

master

【後編】MLS・20年目の結実、その理由に迫る/中村武彦(MLSアジア戦略コンサルタント)

2015.11.14

  ――アメリカでは、選手のセカンドキャリアという言葉が存在しないんですね? 中村 存在しないとは言いませんが、そこまで大きく取り...