【後編】“こやのん”が語るクラブ経営の難しさとやりがい。小谷野薫(サンフレッチェ広島前社長)#sanfrecce

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

――いま、電車の中ではみんなスマホを開いていますよね。かつて雑誌や新聞だったものがそこにすべて置き換わっていて、相対的に紙の雑誌や新聞は厳しくなってきています。

小谷野 とは言え、広島の地元メディアではカープの比重が本当に大きいでしょう。私は広島中心から東京や大阪中心の生活になりましたが、そうすると、オリンピック代表やフル代表に選ばれているサンフレッチェの浅野選手の情報とか、エディオン女子陸上競技部の木村文子選手の話がTVなどのメディアでどんどん出てくる。広島では、ほとんど露出がないような感じなので、この現状は何とかしないといけません。

――私も同感です。広島県にお住まいでない方には信じられないことでしょうが、場合によっては関東圏よりも広島県内のほうがサンフレッチェや広島の他スポーツの情報は少ない、と感じます。

小谷野 なので、私が今もサンフレッチェの経営をしているとすれば、自分でサンフレッチェに特化したコミュニティラジオ局やがんがん映像発信するネットメディアを作るとかを目指すでしょうね。そういう発想の転換が要ると思います。

――ニコ生で毎日選手を出演させて何かコメントしてもらい、それ自体がニュースになって一般メディアに広がっていくとか。

小谷野 実は昨年からそうした構想は私なりにありまして、映像配信の部門もしくは子会社のあり方を考えていました。「黒田ブーム」や「カープ女子ブーム」を単に傍観していると、広島の街中でサンフレッチェの姿はどんどん埋没してしまいます。なので、コアでもライトでもいいから、情報をどんどん発し続けることです。メディアが取り上げてくれないのであれば、自分でそういう仕掛けを作っていくとかね。サンフレッチェに限らず、Jクラブができることは、たくさんあると思います。

私とfacebookで繋がっているサンフレッチェのサポーターが「カープばかり取り上げられておかしい」と投稿しているのを目にします。私はカープ好きでもあるので複雑な心境ですが(笑)、クラブとしてもそういうことをサポーターに言わせたままにしていては絶対にいけないなと思います。メディアにもメディアでスポンサーとの関係もあって、なかなかカープ情報以外に尺を割けない事情もあるとは思います。なので、クラブ自身で映像配信やラジオをやればいいじゃないかと思います。

多額のお金をかけなくてもできるわけですから。ラジオ局を作ってくれたら、サポーターの方々と交代で、私もDJをやっても良いですよ(笑)。それは冗談としても、いろいろ、クラブの情報発信の裾野を広げることはできると思います。また、こういう試みが仮にすぐにできなくても、クラブの意欲や取組み状況をサポーターや市民に知らせていくことはとても大事だと思います。特にサポーターに対しては、期待感の醸成と言うか、「クラブが今していること」と同じく「クラブが目指していること」を示すことは、いろいろな局面で大事ですね。

――聞けば聞くほど、もうちょっと小谷野さん社長でどこまでやれるかを見たかったなと思います(編集部注:もちろん、織田秀和現社長を否定する意味は一切ございません。念のため)。

小谷野 いろいろなスタイルの社長がいるわけですから、そこで結果が出ればいいわけで。クラブライセンス制度というのはファイナンシャル・フェアプレーを促すものであって、クラブの経営を縮小させるものではないわけです。ただ「クラブライセンス制度がいけない」という論調も一部にありますが、そこは単純に経営者の資質の問題が大きいと思います。

――2ステージ制に関しては、いかがでしょうか?

小谷野 これは、予想外にファーストステージで浦和が独走しすぎたので評価はまだ難しいと思います。

――確かに。J1で観客が増えているのは浦和、FC東京、G大阪、あと神戸でしたね。

小谷野 三木谷オーナー自らがホームスタジアムの芝生の状態に苦言を呈したりと、神戸は集客努力など様々なところで本気を出していますね。現場に目を転じても、神戸のネルシーニョさんは本当に素晴らしい監督ですよね。サンフレッチェとミシャさんは切っても切れない関係にありますが、現場レベルでJリーグの監督で勝つことに特化して誰が凄いかという話になると、ネルシーニョさんの名前が常に挙がりますからね。

一方で、僕もサンフレッチェを一生懸命フォローしていますけど、金沢も岐阜も我々がスポンサーになっていますし、クラブを離れたので僕の好きなアーセナルとかユベントスやバイエルンを見る時間もできました。サンフレッチェにいた時は、ある意味入れ込み過ぎてサッカーから離れたい日もありましたが、今は気軽にサッカーを見られるのは良いですね(笑)。仕事がないときは、これまで以上にサッカーを観ていますね。改めて、「サッカーって本当はこんなに楽しいんだな」というのをかみ締めています(笑)。

1 2 3 4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

master

【後編】MLS・20年目の結実、その理由に迫る/中村武彦(MLSアジア戦略コンサルタント)

2015.11.14

  ――アメリカでは、選手のセカンドキャリアという言葉が存在しないんですね? 中村 存在しないとは言いませんが、そこまで大きく取り...

koyano1

【前編】“こやのん”が語るクラブ経営の難しさとやりがい。 小谷野薫(サンフレッチェ広島前社長)#sanfrecce

2015.11.14

  今年4月に行なわれた広島市長選に、J1・サンフレッチェ広島の社長という立場を結果的にせよ捨てて出馬した小谷野薫氏(現・株式会社エディ...

2176878416_7334be3357_o.00_00_00_01.Still026

【前編】 MLS・20年目の結実、その理由に迫る/中村武彦(MLSアジア戦略コンサルタント)

2015.11.12

発足20年目を迎えたアメリカのメジャーリーグサッカー(Major League Soccer、以下MLS)が活況だ。1996年に10クラブで発足したML...

IMG_6967

東京五輪へ日本人選手を! 日本企業がマケドニアのチームを買収したワケ #daihyo #jleague #gamba  

2015.12.08

8日、東京都内にて興味深い記者会見が行なわれた。エムコンサルティンググループ株式会社(東京都港区)による、マケドニア1部リーグ・FKラボトニツキの買収お...

COUPE DU MONDE DE RUGBY 2011   NOUVELLE ZELANDE ARGENTINE

エディー・ジョーンズは、いかなる観念的な議論にも与しない。書評:『ラグビー日本代表ヘッドコーチ エディー・ジョーンズとの対話』 @500zoo

2015.12.01

気鋭の分析家・五百蔵容(いほろい・ただし)さんによる、スポーツ書籍・雑誌の書評コーナー。第一回となる今回は、ラグビー日本代表ヘッドコーチ エディー・ジョーン...