リーベルサポは悪者、でいいのか? 未熟過ぎる受け入れ体制に目を向けよ(舩木渉)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_5319

■「リーベルこそ我が人生」。彼らの情熱は永遠に

地球の反対側アルゼンチンからやってきたサポーターたちは課題だけでなく、サッカーというスポーツへの溢れる情熱を感じさせてくれた。おそらく日本人の多くが未体験の感覚だっただろうが、彼らにとっては普通のことで、その中には日本のサポーターが学ぶべき点もあったように思う。

一概に「海外ではこれが普通で、日本もこうなるべき」という論を唱えるのは危険で、彼らのいい点や日本に合わない点を分析しながら、日本に合わせたスタイルに昇華していくべきだ。これはサッカー以外、つまり日常的な感覚にも言えることだ。

お互いに理解し合うことが理想で、「ここは日本」という一方的な押し付けは意味をなさない。クラブW杯を終えてみて、リーベルサポーターが持ち込んだ文化と国際感覚はどんなものか、今一度考え、分析し、「観光立国」としての日本のために生かさなければならない。

「バンデラッソ」に参加し、スタジアムで彼らの応援の中心に入り込んでみて一つ言えることは、サッカーというスポーツで、クラブを愛するという点であれほどの情熱をいつかもう一度体感したいということだ。サッカー好きとして、そう感じさせてくれたリーベルサポーターに感謝したい。
彼らのチャント(応援歌)の一節に次のようなものがある。

Todos los domingo voy a ver al campeón,
毎週日曜日、私はチャンピオンを見る
Porque los llevo en el alma,
それは私の魂だから
Esta locura que yo siento por vos,
私は狂気を感じる
No se compara con nada,
それは何とも比べられない

Ganes o pierdas te vengo a alentar,
勝つか負けるか、私は応援しにきた
River plate vos sos mi vida,
リーベルプレートこそ我が人生
Sos la alegria de mi corazon,
それは私の心の喜び
Lo mas grande de argentina,
アルゼンチンで最も偉大なチーム

このチャントで歌われているのは、「リーベルプレートこそ我が人生、心の喜びは他の何とも比較できない」という純粋な気持ち。それを大勢の一般人が見ている中、大声で歌えるのは彼らの誇りだ。そんな情熱をまた感じてみたい。

<了>

1 2 3 4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

master (2)

他人に強いることを、自分には一切適用しない人々。五輪エンブレム取り下げプロセスに見る、民主主義の危機 text by 未発育都市( @mihatsuikutoshi)

2015.10.15

アスリートナレッジ編集部です。今回は、五輪エンブレムの取り下げ自体の是非ではなく、そのプロセスに観る危機的な状況について、『未発育都市』・ノエル氏に寄稿を依...

master (1)

不在だけが存在した、虚しい結末。新国立競技場・検証報告書を読んで。片山惠仁 ( @YOSHIMASAKATAYA)

2015.10.15

2015年9月24日に公開された『国立競技場整備計画・経緯検証員会検証報告書』について、本件を追い続けている建築家の1人であり弊媒体でもおなじみ、片山惠...

master

【前編】新国立競技場騒動の虚と実 千田善( @ZenChida)×またろ( @mataroviola )

2015.11.09

(※本記事は、アスリートナレッジにて2015年07月に掲載された記事を再編集したものです。対談収録日:2015年07月23日 聞き手:澤山大輔) ...

IMG_6967

東京五輪へ日本人選手を! 日本企業がマケドニアのチームを買収したワケ #daihyo #jleague #gamba  

2015.12.08

8日、東京都内にて興味深い記者会見が行なわれた。エムコンサルティンググループ株式会社(東京都港区)による、マケドニア1部リーグ・FKラボトニツキの買収お...

master

【後編】新国立競技場“騒動”の虚と実 千田善( @ZenChida 元オシム通訳)×またろ(@mataroviola 一級建築士)

2015.11.10

(※本記事は、アスリートナレッジにて2015年07月に掲載された記事を再編集したものです。対談収録日:2015年07月23日 聞き手:澤山大輔) ...