【徹底分析】天皇杯決勝であらわになった浦和の課題。JチームがFCバルセロナに勝つ道筋を探る スペイン在住コーチ・堀江哲弘

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■天皇杯決勝を見つつ、Jクラブがどうすれば世界一になれるのか考えます

元日に行なわれた天皇杯決勝は、ガンバ大阪が浦和レッズに2-1で勝利しました。今回はその試合を分析しつつ、先日のクラブワールドカップで見せつけられたFCバルセロナとの違いを交え、どうすれば世界トップレベルのサッカーに日本が追いつき追い越せるのかを考えます。

■開始当初の両者の戦い方

ガンバは4-2-3-1、浦和は3-4-2-1のフォーメーションで始まりました。浦和は一般的に3-4-2-1と言われていますが、守備時に2人のFWが相手の両CBにプレスをかけたり、攻撃時には1トップの興梠がトップ下の位置に下がってポストプレーをしたりと、3-2-3-2に近い印象を受けました。試合運びとしてはどちらも一発勝負ということで中盤のスペースをしっかり固め、慎重な流れとなりました。中央のスペースをお互いに固めてきたので、必然的にサイドの攻防が勝負を分けることになりました。

■カギとなったサイドでの攻防

サイドでの攻防が勝負を分けたといいましたが実際には浦和の両WBのポジションに問題があり、それが最初の失点の原因になりました。左右のCBである森脇や槙野がボールを持ったとき、同サイドに開いているWBの梅崎あるいは宇賀神のポジションが高すぎて、ガンバの宇佐美あるいは阿部のプレスの陰に隠れてしまっていました。

サイドにパスコースをつくれない浦和はロングボールで競り合いに勝つか、中央への縦パスでゴリ押しをするかしか攻撃手段がなくなってしまいました。前半の浦和の失点はガンバにパスコースをおさえられ、それに困った槙野が無理攻めで上がり遠藤にボールを奪われたところから発生しています。無理攻めをしてボールロストをした槙野の責任もありますが、組織的にボールをいかに前進させるかというところで、ピッチ内の誰にも洞察やアイディアがないとところにより問題を感じました。

■サイドプレーヤーの攻撃原則

基本的にSBやWBなどのサイドプレーヤーは、味方CBがDFラインでボールを持っているときは相手ウイングと同じ高さのポジションを維持しつつサイドに可能な限り開いてパスコースをつくります。同じ高さというのが肝で、相手ウイングより低くても高くてもいけません。低ければサイドでボールを受けても相手ウイングのポジション修正が間に合い相手守備を超えられませんし、ポジションが高すぎても今回のケースのように相手ウイングのプレスの陰に隠れてパスコースが潰れてしまいます。

ボールを持たないSBとWBが正しいポジションを取って、はじめてCBと協力して局面での数的優位をつくることができます。数的優位をつくれた後は、味方WBがフリーであればCBはWBへパスを出し、WBもワンタッチで相手を超えられます。WBに相手守備が食いついたのであれば、CB自らが運ぶドリブルをすることでボールを前進させたり別なパスコースがつくれたりできます。

■浦和のもうひとつの戦術的問題

先ほどは中央かサイドかという幅の使い方の話をさせていただきましたが、浦和のもうひとつの問題として、奥行きの使い方の拙さがありました。前線には武藤、興梠、李がいるのですが、自陣深く守りを固めたガンバに対してもっと中盤に降りてきてボールを受ける必要がありました。

興梠は質の高いポストプレーができる選手ですが、彼だけではなく李か武藤のどちらかが興梠と同じラインにまで降りてくる必要がありました。もしCBがその動きに食いついて降りてくれば相手DFラインに穴が生じますし、その穴を嫌ってガンバのCBがDFラインから動かなければ中盤で数的優位をつくれます。実際、興梠だけ降りてくる場面はありましたがガンバは遠藤か井手口が対応すれば十分だったのでその後に有効な攻撃につながりませんでした。

■ガンバは先制したものの…

浦和には以上のような戦術的欠陥があり、ガンバに先制点を奪われてしまいましたが、おもしろいことにそれでもむしろ浦和の方が中盤で自由にボールを持てるようになりました。ガンバは先制点を奪った後、守る意識が強くなりすぎたのかチームのプレスの開始位置と強度が極端に低くなってしまったからです。

浦和は中盤で自由にボールを持てたので、ボールを前進させ、中盤のねじり合いからボールがサイドにこぼれたところを梅崎がクロスを入れて最後は興梠が決めました。一発勝負であるがゆえの、独特の心理戦が垣間見えた瞬間でした。しかし、ここからのガンバの長谷川監督の修正も秀逸でした。宇佐美が梅崎との1対1の守備で相性が悪いとみるや、システムを4-2-3-1から4-4-2に変更。宇佐美をウイングから2トップの一角に据えることで、守備の負担を減らし、攻撃に専念させました。これにより浦和は相手守備の穴を塞がれることになり、決定的な得点機会をつくることがさらに難しくなりました。

1 2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

IMG_0570

「サンフレッチェの母」をしのんで。突然この世を去った、あるスタッフの話。(中野和也)#sanfrecce

2015.12.22

スポーツマーケティングナレッジ編集部の澤山大輔です。今回は、サンフレッチェ広島オフィシャルマガジン『紫熊倶楽部』編集長・中野和也さんによる、サンフレッチェ広島強...