圧倒的に素晴らしい市立吹田サッカースタジアムは、なぜ安価で建設できたのか? キーマンに聞く 建築秘話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_6767_R

金森喜久男氏(左)、水川尚彦氏

<目次>
■自治体に作ってもらう考えは最初からなかった
■全国のスタジアム建設のモデルケースに
■なぜ4万人収容に増やすことができたのか?
■工場で作り、現場ではめ込んでいく方式
■新国立競技場はオンリーワン、吹田は汎用
■故・下妻博さんによせて

■自治体に作ってもらう考えは最初からなかった

――本日はよろしくお願いいたします。まず、水川さんが今回の市立吹田サッカースタジアム(以下「吹田スタジアム」)建設においてどのような関わりをされておられたのか、改めて伺えますでしょうか。

水川 われわれの世界では建築コンサル、具体的にいうとコンストラクション・マネジメントという言い方をしています。これはここ数年来の動きなのですが、設計者・施工者・発注者の3者が集まると建築プロジェクトは話が進んでいくわけですが、最近この仕組みをより効率的に進めるためにコンストラクション・マネジメントと言う仕事をする組織が出てきています。要は、発注者の側に建築の専門知識がないケースや、設計者や施工者をより合理的に活用したいというケースで、専門的な能力を持つ組織を雇う。そういう分野の仕事です。

大きなデベロッパーなどにはそういう専門の方がおられます。施設部や建設部というセクションがあるんですね。ですが普通の企業や団体の場合、建築プロジェクトはめったにない。総務の方が担当することもある。そういうケースで、マネジメントをきっちりやるための業態というのが、ここ数年日本でも出てくるようになりました。今回のスタートの時点ではまだ募金団体がなかったので、ガンバ大阪さんから声を掛けていただいて、プロジェクトに参画させていただくことになりました。

――なるほど、例えばITの分野でも、発注者側に専門知識がない場合は双方に不利益が生じるケースが多々ありますね。そういう不利益を回避し、よりメリットを高めるためのコンストラクション・マネジメントなのですね。

水川 そういうことですね。従来のサッカースタジアムは行政に作ってもらうのが通例だと思うのです。これまでのサッカースタジアムはすべてそうですから。ただ、今回は行政の側にお金がないということで、ガンバ大阪さん含め自分たちで頑張ってみようということになって、それで募金団体という形式をお考えになったと思うのですけど、そうなった時に「建築の専門家がいない」という問題があったのではないでしょうか。

また、募金でやる以上は第三者の目でコストがきちんと管理されているということを、対外的にもアピールする必要があったのではないかと思います。人々の貴重なお金を、無駄なく使えているかどうか、そこに専門家が入ってコストを見る必要がある。そういうご判断だったのではないかと。

――そのご判断は、当時ガンバ大阪さんの社長であった金森さんがされたのですね。  

金森 そうです。我々としては自治体に作ってもらうという考えは初めからありませんでした。それは諸先輩方、私より前の社長さんたちが何回もトライをして失敗していることと大阪府傘下の自治体はどこも赤字体質で余力はないとみていました。寄付で集めようという考え方がまとまり、桑原志郎常務が、いろんな考えを提案していました。桑原さんの紹介で、ヒアリングの席で初めて水川さんとお会いしたと記憶しています。

水川 そうですね。何社かに声をかけられて「こんなことをやりますよ」というご提案をいたしました。ヒアリングでいろいろご説明をさせていただいて、最終的にわれわれ(安井建築設計事務所)を選んでいただいたのがスタートでしたね。

――金森さんが、安井建築設計事務所さんを選ばれた理由はどのあたりにあったのですか? 

金森 安井建築設計事務所さんの考えが、明確だったんですね。安井建築設計事務所さんが提案された内容が「私どもはこういうことをやります」「施主側はこういう役目です」と、明確でしたね。そして二つめに松下電器には施設管財部というのがあり、そこは松下グループが工場や建物を建設する際の統括部署なのです。その施設管財部の責任者に相談したら、提案書やヒアリング内容を見て「安井建築設計事務所がいいぞ」とアドバイスを受けたことです。

1 2 3 4 5 6 7
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

IMG_1415

目を疑うほど、お粗末な会議体。広島にサッカースタジアムが建設されないのはなぜなのか?【後編】 #sanfrecce #jleague

2015.12.04

>>広島にサッカースタジアムが建設されないのは、なぜなのか? 苦闘の歴史を詳細に振り返る【前編】>> ■初リーグ制覇が、止まった時計を動かす サンフレッ...

master (1)

不在だけが存在した、虚しい結末。新国立競技場・検証報告書を読んで。片山惠仁 ( @YOSHIMASAKATAYA)

2015.10.15

2015年9月24日に公開された『国立競技場整備計画・経緯検証員会検証報告書』について、本件を追い続けている建築家の1人であり弊媒体でもおなじみ、片山惠...

IMG_4512

「2016年問題」は始まりにすぎない。払底するハードの整備に打開策はあるか? レジー @regista13 の「スポーツサイトで音楽の話をしよう」

2016.02.01

枯渇するスタジアム問題に打開策はあるか? (写真と本文は関係ありません 撮影:澤山大輔) ■音楽マーケットから見る新国立競技場問題 2016年は初...

IMG_1410

広島にサッカースタジアムが建設されないのは、なぜなのか? 苦闘の歴史を詳細に振り返る【前編】 #sanfrecce #jleague

2015.12.03

2015年Jリーグは明治安田生命チャンピオンシップ(CS)決勝第二戦、J1昇格プレーオフ、J2・J3入れ替え戦の開催を残すのみとなった。12月2日に行な...

master

【後編】新国立競技場“騒動”の虚と実 千田善( @ZenChida 元オシム通訳)×またろ(@mataroviola 一級建築士)

2015.11.10

(※本記事は、アスリートナレッジにて2015年07月に掲載された記事を再編集したものです。対談収録日:2015年07月23日 聞き手:澤山大輔) ...

12369073_1097254376951990_942488813065950603_n

【特別掲載】広島市は、サッカースタジアム建設に明確な回答を。石橋竜史・広島市議 2015年12月議会一般質問 #sanfrecce #jleague

2015.12.11

写真提供:石橋竜史(以下同) スポーツマーケティングナレッジ編集部です。今回は急きょ予定を変更し、8日に行なわれた石橋竜史・広島市議による2015年12月...

master

【前編】新国立競技場騒動の虚と実 千田善( @ZenChida)×またろ( @mataroviola )

2015.11.09

(※本記事は、アスリートナレッジにて2015年07月に掲載された記事を再編集したものです。対談収録日:2015年07月23日 聞き手:澤山大輔) ...

uchino1

全会場フリーWi-fi完備!“インスタの聖地”となった米MLBのソーシャル戦略(内野宗治)

2015.12.25

■"Instagramの聖地"と化すMLB 米国MLB(メジャーリーグ)では昨今、スマートフォンやソーシャルメディアの普及に伴い、ファンの観戦スタイルが大...